貸金業務取扱主任者に絶対合格する方法

貸金業務取扱主任者試験の難易度 将来性

貸金業務取扱主任者が公的資格となりました。その資格試験は平成21(2009)年度から実施されています。
公的資格では、その創設時期は試験の問題が易しめになる傾向があるとと言われており、合格者数もある程度、多めになるかもしれません。
それは、貸金業務取扱主任者の場合、まだ、その資格を所持している人は全くいないか、非常に少ないにもかかわらず、4条施行(平成22年6月までに施行予定)以降、貸金業者は資格試験に合格し登録を完了した貸金業務取扱主任者を法令で定める数、営業所又は事務所毎に設置しなければなりませんので、どうしても一定数の貸金業務取扱主任者が必要だからです。
※貸金業務取扱主任者資格試験が易しくなる、また、合格者が多くなることについては、筆者の予測であり、保証するものではありません。

平成21年度第2回目の貸金業務取扱主任者資格試験の試験日(受験日)は11月22日(日)であり、第3回目の試験日は 12月20日(日) です。

貸金業務取扱主任者試験絶対合格法

何とか一発で合格したいと思っている方にオススメの教材はこちらです>>〜貸金業務取扱主任者〜 専門家の合格法












貸金業務取扱主任者試験合格法 メニュー

貸金業務取扱主任者資格試験合格法 リンク